「ごめん、痛かった?でも、もう殆ど入ってるよ」

私は物心がついた時から男の子よりも女の子が好きでした。
格好も男っぽいし背も高かったから小学生の頃はバレンタインになるとチョコレートを貰ったりして…
でも《女の人が好き》という思いはあってもこれまで付き合った事はありません。
もちろん、男の人とも…。
そんな私ですが、好きな人はいます。
もう10年以上も思い続けています。きっとこれから先もずっと…。
彼女、Tちゃんとは小学校からの同級生、家も近所だったのでよく行き来する仲の良い友達でした。

「「ごめん、痛かった?でも、もう殆ど入ってるよ」」の続きを読む…

えみちゃんは犯されたことあるの?

えろさん: えみちゃんは犯されたことあるの?
えみ: ・・・はぃ
えろさん: 何年前?
えみ: 3年前の夏です
えろさん: ってことは18歳の時?
えみ: はぃ
えろさん: どういう状況で?
えみ: 友達と二人で海水浴に行った時、海岸で花火をした後、散歩してたの
「えみちゃんは犯されたことあるの?」の続きを読む…

女にされるのもいいでしょ?これからは私がしてあげるから、キチンと言うことを聞くのよ

体が痙攣して起き上がれない私の横で奥様はまたグラスを傾けながら、
「女にされるのもいいでしょ?これからは私がしてあげるから、キチンと言うことを聞くのよ。」と私のお尻を撫でながらいいました。
私は大きく頷きました。意識は朦朧としたままでしたが、これほどの快感を今まで味わったことがなかったので、もうどうなってもいいという気分でした。
私の体が少し落ち着いたころ、奥様は「一度体流しましょうか。」と言って、私に全裸から浴衣を着せると、自分も全裸に浴衣を着ました。
私はお風呂に行く準備をし始めましたが、奥様は「体を流すだけだからタオルだけ持ってきなさい。」と言ってお部屋を出てしまいました。
私は慌ててタオルを持って奥様を追いかけました。
「女にされるのもいいでしょ?これからは私がしてあげるから、キチンと言うことを聞くのよ」の続きを読む…

もうそこからは奥様のされるがままでした。

私は32歳で専業主婦をしています。
先日家を引っ越して新しいマンションの方とお知り合いになり、一緒にお茶などをする仲になりました。
地味な私とはタイプは全く違って、服も露出度の高い派手な服をいつも着ているような方でしたが、その方も私も子供はいなくて、年も近く、お互い専業主婦ということでとても気が合いました。
そこで先日、その奥様と1泊で旅行に行くことにしました。
私はそれまではあまり友人もいなく、主人にはそのことを結構気にしていたようなので、主人も喜びました。
旅行当日、奥様はいつもより露出度の高いキャミソールとミニスカートをお召しになっていて、私は少しびっくりしましたが、それもいつものこととあまり気にしませんでした。
「もうそこからは奥様のされるがままでした。」の続きを読む…

先日初めて女同士の快楽の悦びを知り、今では月に2~3回、彼女とゆっくり愛し合うのが待ちどうしくてたまりません。

先日初めて女同士の快楽の悦びを知り、今では月に2~3回、彼女とゆっくり愛し合うのが待ちどうしくてたまりません。
それまでは、結婚10年で夫と子供2人の4人暮らしで、夫との週2回のセックスが楽しみな平凡な主婦でした。
それが、彼女との一夜の出来事から一転しました。私は中学・高校とバレーボールをやっていたので、結婚後にママさんバレーを始めました。経験者が多く県内でも強豪といわれておりましたが、なかなか県代表になれませんでした。ところが、彼女がご主人の転勤でこちらにやって来て、私たちのチームに所属することになりました。後から聞いたのですが、彼女はVリーグで活躍しただけあって、素晴らしいアタッカーでした。私より2つ年上で身長が178cmでNHKの膳場アナ似の頼りがいのある人でした。その彼女の活躍で念願の県代表になり、東海ブロック大会へ進出しました。
「先日初めて女同士の快楽の悦びを知り、今では月に2~3回、彼女とゆっくり愛し合うのが待ちどうしくてたまりません。」の続きを読む…

コレが潮吹き?彼女はもう完全に脱力状態。

昨日、初めて女の子同士でエッチなことしちゃいました。

あたしも彼女も彼氏いるんだけど、サークルの飲み会で初めて会話したんだけど、かなり盛り上がって
家に泊まることになって。

はじめは彼氏とのエッチの話がど~のとか言ってて、それから「やっぱ自分の感じる場所は自分が
いちばんわかる」ってなって、酔ってたのでふざけて触りッコしてたんです。
「コレが潮吹き?彼女はもう完全に脱力状態。」の続きを読む…

主人との結婚は当然、偽装結婚です。その2

あぁ、今、ここをきっとあの人が見ているんだ。
私は、わざと見せているような格好ではなく、ちょっと身をかがめて、アソコを調べているかのように振る舞いました。
でも、この行為が私の心に火をつけてしまったのです。
それはまったくの予想外でした。
ほんのいたずら心のはずが、自分でも信じられないくらいに興奮してしまったのです。
もっと、もっと見てぇ、お願い。
そして、私は指はアソコを広げたままの格好で、かがめていた身を起こし、腰をおもいっきり窓に突き出しました。
そして、今度は両手で思いっきりあそこを広げたのでした。
「主人との結婚は当然、偽装結婚です。その2」の続きを読む…