試着室がマジックミラーだったから着替えが丸見えだった体験談

小さな古着屋を経営する友人が私に
「知人の結婚式があるから、店番アルバイトしない?」と声を掛け、

3連休予定もなかった為、引き受ける事にしました。
簡単な衣服のたたみ方とレジ入力を教わっただけで、一人で店番です。

まぁ小さな古着屋ですから、頻繁にお客さんが来る店ではないので
心配はしてませんでした。

レジにこもって横にあるTVを見ながら、
ジュース飲んだり暇つぶしで何とかやってました。

あまりにも暇なので物色していると、
レジ下にバンダナが折りたたんでいくつも置いてあるのを発見・・・。

懐かしいなぁ?バンダナなんて・・・。

最近、頭とか腕とか太ももとか巻いてる奴居ないなぁ?
何て思ってると、気に入った色合いの物を発見しました。

それをひろげてみようとした瞬間です・・・。

「???」
なんとそのバンダなの山の奥に隠されたように小さめなモニターを発見。

「あっ?万引き防止のモニターか・・・。」
何て思って電源を入れると意外な展開がありました。

何とそのモニター試着室の中が見えるのです。
それもカラーで鮮明に・・・。

「え?これ何?試着室って詰め込んじゃう奴とか居るから見るわけ?
でも女性が入ったら見えちゃうじゃん・・・。」

そうは思いましたが、男心としては見てみたいもの・・・。
誰か来ないかなぁ?何て思っていました。

やがてお昼過ぎ、女子高生のギャルが一人入店・・・。
店頭付近にあった安めのショートパンツを見ていました。

「すいません、試着良いですか?」そう聞かれたので勿論、
「はい、どうぞ、あちらが試着室となります。」

ククククッーーーしめしめ。胸の鼓動が鳴ります。
急いでレジに戻り棚の奥にあるモニターを拝見。

今、まさに女子高生が短めなスカートを脱ぎ試着しようとしています。
ギャル特有のサテンがかったピンクのパンティーです。

ウーーーこれたまんないね・・・。
あっと言う間の時間でしたが、充分楽しめました。

更に夕方には女子大生風の女性がスカートを試着。
レース生地の白いパンティーがなんとも言えません。

そして美容師風のお洒落女子登場。
こちらはワンピースの試着のようで大胆でした。

上と下をあっさり脱いで、上下おそろいの黒下着が勃起を誘発させます。
「なんだよ、あいつこんなの毎日見れるわけ?たまんねー仕事だな・・・。」

女の子が出て客が誰も居ない時に改めて試着室を見ると、
カメラらしきものがわからない位のレベルで設置されていました。

天井の装飾を上手く使ってカメレオンのように
保護色でわからなくなっています。

更に翌日・・・。
そのモニターの角度を見やすくしようと触った時に更なる発見・・・。

何とスイッチがあり、切り替えると上から映像だけでなく、
左右、前後の四つの角度からも見ることが可能と判明。

それからは切り替えまくりで覗きました。
白も居れば黒も居る・・・。

ゼブラカラーのTバックギャルにはそそられました。
そして三日目・・・。

海外から荷物が届く事を聞いていたので、受領すると倉庫へ運びます。
倉庫は試着室横の小さな小部屋です。

そこに荷物を入れる際、壁の出っ張りに頭をぶつけ、
あまりの痛さに鏡かと思われる、大きなカーテンを開けてみました・・・。。

事件です。
その大きなカーテンはなんと試着室の鏡の裏側・・・。

そうです刑事ドラマで見るマジックミラーだったのです。
「えーーー?と言う事は?試着室の中が真近で見れるわけ?」

当然、実行開始です。

人妻風の30代女性がブラウスとデニムを試着・・・。
試着室に入ったの確認すると倉庫に入ります。

狭くて暗いですが、逆にマジックミラーだけが明るく中が丸見え!
覗き小屋か!と言いたくなる位の精度。

目の前で女性が着替えます。
あーーーそれも下着からはみ出した陰毛を中に戻してます。

うーーーーすげーーーこれ・・・。
30センチも離れていない見ず知らずの私の前で平然と着替えるのです。

勿論、男性も来ましたが、その時はモニターも見ずでした。
そうこうしている内に3日間が過ぎ、今でもあの光景が目に焼きついています。

本日はソフトな内容でしたが、皆さん、個人店を経営する際には
是非、このようなスペースや機材をそろえてみる事をお勧めしますね。

これなら毎日楽しんで働けるし・・・。そうそう、この件は友人に話してません。
知らない振りをして元に戻しておきました。

また、頼まれるのを楽しみにしています。
今日はソフトな話ですいません。