着替えの途中、突然しおりが「そうだ!せっかく誰もいないんだしちょっとオトナの遊びしてみない?」といい始めました。

高1の時の放課後の出来事です。
私はしおり、ななと3人でバスで帰ってました。

バス停を降りてすぐのところにしおりの家、その後歩いて私の家、さらに先にななの家がありました。
ある日、しおりの家が誰もいなくて遊んでいい日がありました。私達は3人でしおりの家に入りました。

しおりの部屋でしおりが着替えることになりました。私達は別に気にせず彼女が着替えるのを待ってました。

「着替えの途中、突然しおりが「そうだ!せっかく誰もいないんだしちょっとオトナの遊びしてみない?」といい始めました。」の続きを読む…

夏休みという事で、某夢の国へお触り目的で行ってきました。

夏休みという事で、某夢の国へお触り目的で行ってきました。

暗がりの空間があって、夏の日差しにやられた目では暗闇に慣れていないので、女の子達は手探りです。

そこで、JS4くらいのワンピースの子に近づき、薄手の生地の上からやわらかいお尻をなでたり軽くつかんだりしました。

他にも外国の子供でセミロングの金髪で高学年くらいの少女が弟を連れてきたので、大胆に尻を揉んで撫で回しました。
「夏休みという事で、某夢の国へお触り目的で行ってきました。」の続きを読む…

もう10年以上も前、ネットで出会い系サイトのようなものが出始めた頃の話です。

もう10年以上も前、ネットで出会い系サイトのようなものが出始めた頃の話です。

匿名で、しかもフリーメールでも大丈夫。という今では当たり前のふれ込みにつられて、飲み友達募集の書き込みをしました。
今では考えられないことなんですが、当時は意外と返事が貰えたんですよ。

何件かメールを貰った中で、歳や住んでる場所(近すぎず、遠すぎず。)、あとメールが読みやすくて、頭の良い印象だった可奈という女性とやりとりを続けました。
今みたいにおかしな事件なんかもなかった頃なんで、すんなり会おうという話に。

「もう10年以上も前、ネットで出会い系サイトのようなものが出始めた頃の話です。」の続きを読む…

妻は、結婚当初のままという訳にはいかないが、年輪を重ねた熟れた女の魅力がある

ある日のこと、風呂上がりにビールを片手に、ボケっとテレビを見ていた。
翌日の会議資料をパソコンで作成していた妻が二階から降りてきた。
「終わったの?」
「うん。買い物している途中に急に思い出しちゃって、あわてて作ったけど、セーフ」
 
  「妻は、結婚当初のままという訳にはいかないが、年輪を重ねた熟れた女の魅力がある」の続きを読む…

「イヤだったらイヤだって言ってくれて良いけど……もし良かったらエッチしても良い?」

壮絶かどうかは解らないけど、私の体験談。
3つ年上のお友達の家に初めてお泊りに行った日の事。

その人の家で私が料理を作り、買ったお酒を飲みながら洋画を観てた。

お互い酒が入ると甘え癖がある二人で、その人は旦那の愚痴を、私は彼氏の愚痴を言ったり

しながら楽しくやってた。

で、なんか洋画がラブシーンになって(笑)
「「イヤだったらイヤだって言ってくれて良いけど……もし良かったらエッチしても良い?」」の続きを読む…

足元にうずくまってる少女が居た…ランドセルだから小学生だろう…

中一の時の話だけど、電車通学していて勿論毎日ぎゅうぎゅう詰めの満員電車に乗って登下校していた。乗る駅の時点で日によっては一本ずらさなきゃいけないんで、なるべく楽なスペース探して乗り込んでいた。
ある日の帰り、車両の角に人一人入れそうなスペースが開いてるのを見付け強引に入り込むと中年リーマンが舌打ちをして後ろを向いた…『何だ?感じ悪いオヤヂだな…』と、思ったら足元にうずくまってる少女が居た…ランドセルだから小学生だろう…
「足元にうずくまってる少女が居た…ランドセルだから小学生だろう…」の続きを読む…

と焦ってるとどうやら向こうも俺のことをサクラだと思ってたたらしい。

3年前とある出会い系に興味本位で登録した。
無料をうたってた為サクラばかりかなーと思ってたらメールが来た。
滋賀県住まいの女からだった。
俺は京都住まい。
「と焦ってるとどうやら向こうも俺のことをサクラだと思ってたたらしい。」の続きを読む…

それは、猫を被っていただけで妻の真実の姿ではなかった。(その2)

その後も腫れ物にでも触るような態度で、テーブルには私の好物ばかりが並んでいた。
「あ・な・た・・・・お食事は・・・・・」
「先に風呂に入る」

今までなら、私がこの様な態度をとれば大変な事になっていたが、この日の妻は何と私の背中を流しにきた。流しに来たと言うよりは、様子を探りに来たと言った方が正しいのだろうが。
「今日は・・・・遅かったのですね」

「それは、猫を被っていただけで妻の真実の姿ではなかった。(その2)」の続きを読む…

「おねえさん、そこいじるの止めてぇ、へんになるからぁ」

10年前、小学5年生だった私は下校途中の公園で、知らないおじさんに
「ペットのハムスターがこの中に逃げたので、一緒に捕まえるのを手伝ってくれないか?」
と身障者用のトイレに誘われて、バカな私はまんまと引っ掛かり、中で猿轡をされ服を脱がされ、手足を縛られ
「きれいな身体をしているね、今からおじさんの玩具になるんだよ」
と言われ、胸をまさぐられアソコを舐められました。
「「おねえさん、そこいじるの止めてぇ、へんになるからぁ」」の続きを読む…